プラスチック・ゴム・接着剤・両面テープに関する
樹脂製品全般
川瀬 テクニカル・コンサルタンシー
プラスチック・ゴム・接着剤・両面テープに関する不具合解析ならびに対策立案、
各種劣化に対する寿命予測、加速条件設定について的確にお応えします。
また、プラスチックに関する新製品開発、原価低減やニーズに即応した接着仕様
を提案します。
                                             

                                             



トップページ




ホームページの構成
項   目
添付ファイル
  トップページ
なし
     対応内容
なし
     セミナー資料
あり
     著  書
あり
     プロフィール
なし
     お問い合わせ
なし
     構築技術
あり
         ゴ ム
あり
あり
       共 通 技 術
あり
あり


〇 技術構築内容

 プラスチック・ゴム・粘/接着剤に関する構築技術と共通技術並びにワイブル統計解析の構成としております。
プラスチックでは8種類の不具合モードにおけるメカニズム・再現方法・寿命予測・劣化加速条件設定・対策方法について解説しておりますので、不具合発生の予防措置または不具合が発生した際の対処方法が理解できる内容となっております。
構築技術についても不具合解析の際に構築した技術内容が中心になっております。

ゴムについては、シール部品・ガスケット・ダイアフラムを例にとり寿命予測と劣化加速条件の設定方法について解説しています。
構築技術については、劣化メカニズムを中心に解説しております。

接着剤では、アクリル系両面テープ・ウレタン系接着剤・アクリル系接着剤を例に寿命予測と劣化加速条件設定の手法について解説します。
構築技術については、接着メカニズムを中心に解説します。
合わせて、UV硬化接着・高周波誘電加熱接着・室温速硬化接着・シランカップリング剤を利用した接着樹脂についての知見を纏めております。

共通技術については、樹脂材料・製品の劣化寿命予測や劣化加速条件設定の際に構築した技術内容について解説します。

ワイブル統計解析については、ワイブル統計解析全般について纏めており、この内容を理解すればワイブル解析のことがほぼ習得できる内容となっております。


〇 樹脂の劣化に関する寿命予測式の設定

 各種劣化寿命の予測式としては、皆様ご存知のアレーニウスの式があります。このアレーニウスの式と同じく劣化寿命予測が可能な式として、ラーソンミラー式があります。
それでは、どちらの予測式が対象の特性値を予測する上で信頼性が高いと云えるでしょうか。私なら躊躇なく、ラーソンミラー式と答えます。
それぞれの式を用い、取得データの重回帰分析を実施してみますと、ほとんどのケースにおいて重回帰結果の重決定係数(R2)はアレーニウス式による結果に対し、ラーソンミラー式のほうが大きくなります。
例えば温度3水準において、経過時間における特性値を取得したとします。
グラフの縦軸を対象の特性値、横軸を対数目盛で経過時間とした場合、一般的には高温で測定した特性値ほど、グラフの傾きが大きくなります。
ラーソンミラー型予測式では、ほぼこの傾き通りの予測結果となります。
しかし、アレーニウス型予測式での予測結果は、いずれの温度水準においてもグラフの傾きが同様の値となります。
ラーソンミラー式のもう1つのメリットは、マスターカーブが作成できることです。
このマスターカーブは、縦軸を対象の特性値とし、横軸をラーソンミラーパラメータ・{T(logt+C)}での関係図のことで、取得したデータが1本の線に乗るという特徴を持ちます。
ここでTは測定した絶対温度(K)、tは経過時間、Cは材料により定まる定数を指します。
それでは、どうやってアレーニウス式を導出するのか、ラーソンミラー式はどの様な過程を踏んで導出するのか、知りたいと思いませんか。
私がこのホームページでその方法を解説します。
このホームページが少しでも樹脂の寿命予測や劣化加速条件設定を始めとして、樹脂全般の劣化に対する対応方法についての一助になれたら幸いです。


ページの先頭へ


次へ


アクセスカウンター